愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
チャンネーが喜ぶ鉄板の江ノ島デートを伝授してやるぜ

説明しよう!
定番の江ノ島デート
テレビで出尽くされている感があるが
鉄板で行くところとちょいと穴場に行けば
チャンネーは喜んでくれること間違いなし

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
桟橋を渡れば江ノ島に上陸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
江ノ島神社を目指してGO、途中でエビせんべいがあるけど
この先にもあるからそっちの方が混んでいないぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
なんか銭を洗うところがあるから、銭を洗おう
愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
この時に財布の中身がレシートだらけの男はキモメンに認定されるから気をつけるんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
縁結びのおみくじ
彼女とデートに来てたら新しい縁をまた見つけようとしてるっぽいからここはスルーしておけ

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
末吉だ…

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
江ノ島に来たらこの塔を目指してGO

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
ここら辺でエビせんべいも食えるぞ

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
ここら辺でエビせんべいも食えるぞ
カッパえびせんと同じ感じですか?
通りすがりの童貞
通りすがりの童貞

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
たわけ!カッパえびせんの3倍エビの風味が出ていてマジでまいうーだぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
そしてここの【ロンカフェ】がめっちゃ景色がよくていいぞ
愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
並ぶから予約をしておけ、シーキャンドル行くというよりはロンカフェの時間を目指して行って、その後にシーキャンドルに行くという流れを肝に刻むんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンカフェでまったりタイムした江ノ島水族館にGO

 

 

 

 

 

 

 

その前に江ノ島水族館の手前にあるこの店もうまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
しらす丼がうまい 「江ノ島 小屋
江ノ島 小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
新江ノ島水族館についた

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
さめ

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
くらげ

 

 

 

江ノ電に乗って「鎌倉駅」へ

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
この時点で結構歩いてるから帰ってもOK、アンコール編ということで
愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
鶴岡八幡宮に向かう途中にここもおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

カマクラ ハチ

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
あっそうそう、江ノ島周辺デートは歩くことが多いからチャンネーには歩きやすい靴を履いてきてもらう

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
鶴岡八幡宮ついた
愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
またおみくじを引くぜ
説明しよう!
鶴岡八幡宮は凶のおみくじが3割入っていて
大凶を引いた場合は「凶みくじ納め箱」があるので
そこに納めると大吉並みの効果があるらしい

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
また末吉だ…

 

 

 

 

 

江ノ電に乗って由比ヶ浜へGO
愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
最後のデートのシメは由比ヶ浜

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
ここの「松原庵」は美味しい隠れお蕎麦屋さん

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
すだちそばがうまい

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の伝道師かずくん
愛の伝道師かずくん
結構歩くからチャンネーの足を気にしながら歩くことが大切だ

 

まとめると

江ノ島デートは歩くことが多いので疲れてきてダレることがある
チャンネーの疲れぐらいを気にしながら無理しないで
余韻を残しながら帰るっていうのも真の童貞紳士だ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事